さくらVPS【SSL】でWordPress

さくらVPSでスタートアップスクリプトを使用して簡単に構築したSSL環境にWordpressをインストールする

さくらVPSでスタートアップスクリプトに「public」CentOS_LAMP」を選択してインストールしたCentOS 7.0(以下「CentOS7Server」)に以下の<さくらのVPS【SSL】/作業メモ>の設定を行った後にWordpressをインストールしました。

<さくらのVPS【SSL】/作業メモ>

◎ドメインの設定

  • さくらVPSにさくらインターネットで契約した独自ドメイン(mydomein.jp)のサブドメイン(sub.mydomein.jp)を設定しました。
  • サブドメイン(sub.mydomein.jp)の追加は、「さくらのサポート情報のドメインのゾーン編集」を参照して行いました。さくらインターネットのドメインメニューから独自ドメイン(mydomein.jp)のゾーン編集でゾーンを表示し、「変更」ボタンをクリックして表示される「エントリの追加と変更」の表で、エントリ名に「サブドメイン名(sub)」、種別に「IPアドレス(A)」を選択し、値に「さくらVPSのIPアドレス(XXX.XX.XXX.XX)」を入力して「変更」ボタンを押した後に「データ送信」ボタンを押すだけで簡単に追加できました。

◎Wordpress用データベースの作成

  • phpMyAdminを使用して、MariaDBに照合順序「utf8_general_ci」で「DB_NAME(任意)」というWordpress用のデータベースを作成しました。

◎Wordpressファイルのサーバーへの配置

  • CentOS7ServerにSSH接続し、suコマンドでrootになり作業を行いました。
    $ ssh -pXXXXXX sakura@XXXXX.sakura.ne.jp
    sakura@XXXXX.sakura.ne.jp's password: 
    $ su -
    パスワード:
    #
    
  • 「/var/www/html/」に移動し、wgetコマンドを使用して、WordPressのソースファイル(wordpress-5.1.1-ja.zip)をダウンロードしました。
    # cd /var/www/html/
    # wget http://ja.wordpress.org/wordpress-5.1.1-ja.zip
    
  • ダウンロードしたWordPressのソースファイル(wordpress-4.0-ja.tar.gz)を解凍し、解凍して出来たフォルダの名前を「sub.mydomein.jp(サブドメインネームと同じにしました)」に変更しました。
    # unzip wordpress-5.1.1-ja.zip
    # mv wordpress sub.mydomein.jp
    
  • 「/var/www/html/sub.mydomein.jp/」フォルダの所有者を「nginx」に変更し、パーミションを「755」に変更しました。
    # chown -R nginx:nginx ./sub.mydomein.jp/
    # chmod 755 ./sub.mydomein.jp/
    

◎Nginxの設定(WordPressをサブドメインのトップフォルダで運用するため)

  • WordPressをサブドメインのトップフォルダで運用するために「/etc/nginx/conf.d/https.conf」に記載された「location / {…}」のサーバーrootの記述を「/usr/share/nginx/html」から「/var/www/html/sub.mydomein.jp」に変更しました。
    # cd /etc/nginx/conf.d/
    # nano https.conf
    
    location / {
        #root   /usr/share/nginx/html;
        root   /var/www/html/sub.mydomein.jp;
    }
    
  • WordPressをサブドメインのトップフォルダで運用するために「/etc/nginx/conf.d/https.conf」に記載された「location ~ \.php$」のサーバーrootの記述を「html」から「/var/www/html/sub.mydomein.jp」に変更しました。
    location ~ \.php$ {
        #root  html;
        root   /var/www/html/sub.mydomein.jp;
    }
    

◎Nginxの設定(パーマリンクのカスタム構造設定で404エラーが出ることへの対策)

  • パーマリンクのカスタム構造設定で404エラーが出ることへの対策として、「/etc/nginx/conf.d/https.conf」の「location /」に「try_files $uri $uri/ @wordpress;」という記述を追記しました。
    # cd /etc/nginx/conf.d/
    # nano https.conf
    
    location / {
        #root   /usr/share/nginx/html;
        root   /var/www/html/sub.mydomein.jp;
        # for Wordpree
        try_files $uri $uri/ @wordpress;
        index  index.php index.html index.htm;
    }
    
  • 上記の「@wordpress;」に対する「location @wordpress」の内容を上記「location /{…}」の下に下記の内容で追記しました。
    location @wordpress {
        fastcgi_index index.php;
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(.*)$;
        fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME  /var/www/html/sub.mydomein.jp/index.php;
        include fastcgi_params;
    }
    

◎Nginxの設定(Wordpressのファイルアップロード失敗への対応)

  • nginxが受け付ける最大のbodyサイズがデフォルトで1Mバイトに制限されているためにWordpressのファイルアップロードに失敗することへの対策として、「/etc/nginx/conf.d/」の「https.conf」をエディタnanoで修正して、「server{…}」に「client_max_body_size 10m;」という記述を追記して、10Mまでのファイルのアップロードに対応できるようにしました。
    # cd /etc/nginx/conf.d/
    # nano https.conf
    
    server{
        client_max_body_size 10m;
    }
    

◎PHP-FPMとNginxの再起動

  • PHP-FPMとNginxを再起動ました。
    # systemctl restart php-fpm
    # systemctl restart nginx.service
    

◎上記設定の後、「さくらVPSでWordpress」と同様にWordpressのインストールを行い、パーマリンクのカスタム構造を設定しても404エラーが出ないこと、10M以下のファイルを問題なくアップロードできることを確認して検証を終了しました。

<= さくらVPSでphpMyAdmin |
タイトルとURLをコピーしました