macOS(10.15.1)CatalinaでMAMP

Mac

2018年11月23日にiMac「macOS(10.14.1) Mojave」を購入して、Mojaveに標準で入っているApacheとPHP、HomeBrewでインストールしたMySQLでMAMP環境を構築して使用していたのですが、2019年10月8日リリースの「macOS(10.15.1) Catalina」にアップデートしたら、上述のMAMP環境にインストールして使用していたPukiWikiやWordpressにアクセスできなくなっていました。

Apache、PHPとMySQLのバージョン確認

Catalinaアップデートした後のApacheとPHP、MySQLのバージョンを確認しました所、以下のようになっていました。

  • Mojaveに標準でインストールされていたApacheのバージョンは「Apache/2.4.34」でしたが、「Apache/2.4.41」になっていました。

    $ httpd -v
    Server version: Apache/2.4.41 (Unix)
    Server built:   Oct 17 2019 18:04:28
    $
    
  • Mojaveに標準でインストールされていたPHPのバージョンは「PHP 7.1.19」でしたが、「PHP 7.3.9」になっていました。

    $ php -v
    PHP 7.3.9 (cli) (built: Sep 10 2019 17:45:01) ( NTS )
    Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
    Zend Engine v3.3.9, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    $
    
  • MySQLは、MojaveにHomeBrewでインストールしたので、バージョンは「mysql 5.7.24」で変わっていませんでした。

    $ mysql --version
    mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.24, for osx10.14 (x86_64) using  EditLine wrapper
    $
    

Apacheの設定

Mojaveでは、Apacheの公開ドキュメントのフォルダを「/Users/{username}/Sites/」に変更していたのですが、今回のアップデートで、デスクトップに「場所が変更された項目」というフォルダが作成されており、中身を確認すると以前にMojaveで修正を行った「httpd.conf」と「extra/httpd-userdir.conf」が入っていました。

Apacheの設定ファイル「httpd.conf」と「extra/httpd-userdir.conf」を確認してみると、今回のCatalinaアップデートによって初期のものに戻されており、そのためにMAMP環境にインストールして使用していたPukiWikiやWordpressにアクセスできなくなっていることがわかりました。

原因がわかったので、Apacheの公開ドキュメントのフォルダを「/Users/{username}/Sites/」に変更し、PHPが動作する環境を再構築しました。

「httpd.conf」の修正

  • エディタ(nano)で「httpd.conf」を修正しました、
    $ sudo nano /etc/apache2/httpd.conf
    $
    
  • userdir、PHP、rewriteを使用することができるようにするために、以下の記述をコメントアウトしてモジュールを組み込みました。
    LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so
    LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so
    LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so
    
  • ユーザーディレクトリを有効化するために、以下の記述をコメントアウトして「extra/httpd-userdir.conf」の設定を読み込むようにしました。
    # User home directories
    Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf
    

「extra/httpd-userdir.conf」の修正

  • エディタ(nano)で「extra/httpd-userdir.conf」を修正しました、
    $ sudo nano /etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf
    $
    
  • ユーザ設定ファイルを読み込むための設定を行いました。
    UserDir Sites
    Include /private/etc/apache2/users/*.conf
    <IfModule bonjour_module>
           RegisterUserSite customized-users
    </IfModule>
    

ユーザー設定ファイル「{username}.conf」の修正

  • エディタ(nano)でユーザー設定ファイル「{username}.conf」を修正しました。
    $ sudo nano /etc/apache2/users/{username}.conf
    $
    
  • ユーザー設定ファイル「{username}.conf」の内容は下記としました。
    DocumentRoot "/Users/{username}/Sites/"
    <Directory "/Users/{username}/Sites/">
        AllowOverride All
        Options Indexes FollowSymLinks Multiviews
        Require all granted
    </Directory>
    

Apacheの再起動と確認

  • 上記の設定後、ルートになってApacheを再起動して、ブラウザで使用していたPukiWikiやWordpressにアクセスしたところ、問題なく動作いたしました。MojaveでHomebrewを使用してインストールしたMySQLは、Catalinaでも問題なくそのまま使用できました。
    $ sudo -s
    # apachectl -t
    # apachectl restart
    

MojaveでHomebrewを使用してインストールしたMySQLの内容は、下記参照願います。

MojaveにインストールしたMySQL

HomeBrewのインストール

  • ターミナルで以下のコマンドを実行して、HomeBrewをインストールしました。
    $ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
    $ brew update
    Already up-to-date.
    $ brew doctor
    Your system is ready to brew.
    
  • インストールされたHomebrewのバージョンは、「1.8.3」でした。
    $ brew -v
    $ Homebrew 1.8.3
    Homebrew/homebrew-core (git revision 2941; last commit 2018-11-23)
    $
    

MySQLのインストール

  • 以下のコマンドで、HomeBrewを使用してMySQL5.7をインストールしました。
    $ brew install mysql@5.7
    
  • 以下のコマンドで、「.bash_profile」に「mysql@5.7」のPATHを設定しました。
    $ echo 'export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.7/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
    
  • インストールされたMySQLのバージョンは、「5.7.24」でした。
    $ mysql --version
    mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.24, for osx10.14 (x86_64) using  EditLine wrapper
    
  • 以下のコマンドで、MySQLの起動しました。
    $ mysql.server start
    Starting MySQL
    . SUCCESS! 
    
  • 「mysql_secure_installation」を実行して、MySQLのパスワードを設定しました。
    $ mysql_secure_installation
    
  • LocalhostからMySQLにアクセス出来ないことへの対処として、/etc/php.iniにmysql.sockの場所(/tmp/mysql.sock)を追記しました。
    • 「mysql> status」を実行して、mysql.sockの場所を確認しました。
      $ mysql -u root -p
      Enter password:*
      mysql> status
      :
      UNIX socket:/tmp/mysql.sock
      :
      mysql> quit;
      Bye
      $
      
    • mysql.sockの場所を「/etc/php.ini」に追記しました。
      $ sudo nano /etc/php.ini
      
      mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock
      mysqli.default_socket = /tmp/mysql.sock
      

    WordPressのインストール

    • wordpress.org 日本語から「wordpress-4.9.8-ja.zip」をダウンロードしました。
    • ダウンロードした「wordpress-4.9.8-ja.zip」を”/Users/{username}/Sites/”直下に保存しました。
    • ルートになって「wordpress-4.9.8-ja.zip」を解凍して、ルートのパーミッションを「777」、ディレクトリの所有者と所有グループをapacheの設定(_www:_www)に変更しました。
      $ sudo -s
      # unzip wordpress-4.9.8-ja.zip
      # chmod 777 ./wordpress
      # chown -R _www:_www ./wordpress
      
    • ブラウザで「http://localhost/wordpress/」にアクセスして、指示に従いWordpressを無事にインストールできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました